バラモチーフのビーズ編み絵

e0074478_17381279.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、額縁に収めたビーズ編みの絵です。この写真ではディテールが見えず、よくわかりませんね。

e0074478_17382562.jpg
 この写真でも微妙でしょうか。ドットの感じから、ビーズ編みではなくてプチポワンに見えちゃうかも。

e0074478_17403841.jpg
 これでビーズの存在に気付いて頂けるでしょう。極小シードビーズを1つ1つ糸で編んでバラを表現しています。おそらくは1910~20年代のバッグを開いて額に収めたもの。額自体は戦後以降のものです。額の大きさは縦26cm、横32cmで、バッグは相当大きかったと思います。ビーズ編みのバッグは20世紀初頭に沢山作られていたようですが、量産化傾向の強まりを背景に、映画など娯楽の普及により手仕事が衰退し、無くなっていたようです。バッグとして使用するには流行などもあってはばかられ、結果額に収めることにしたのかもしれません。中々のアイデアだと思います~。

本当はバッグのままが良かったです~
人気ブログランキングへ
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2015-07-31 17:42 | 調度品 | Comments(2)
Commented by ゆうたんママ at 2015-07-31 20:51 x
友君へ
綺麗なビーズの額縁ですねっ。France祭の時阪急さんで初めて知ったのですが、プチポワンのbag見ました。とても綺麗でしたかどれもん十万する物ばかり。でもCHANELとかbrandのbagよりはお安いなぁと思いましたが、見ているだけでも目の保養になりました。欲しいbagが一つありましたが。見てるだけ。後10階にFranceのアンティークのお店あの様なbagもそこそこします。手頃なお値段で一つは欲しいアイテムですねっ。寝る前に友君のブログ見てから寝ています。今日もお疲れ様でした。
Commented by tomoakishimizu at 2015-08-03 21:18
ゆうたんママさん、レスが遅れてすみません。プチポワンのバッグは、本当に良いものは物凄い値段しますよね。僕も阪急うめだ本店でのプチポワン展で見てビックリしました。プチポワンはフランスに無くは無いのですが、ほとんど見かけず、やはりオーストリアの方が沢山あるようです。大体大きさは決まっているようで、普段の生活で使うには少々難あり。ということで、コレクターズアイテムなのかもしれません~。
<< ブドウの葉型木彫トレイ 大耳クマ >>