六角宝石箱

e0074478_9105275.jpg
 催事が始まってからすでに6日目になりました。このままだとあっという間に最終日がやってきそう。今回の催事は四六時中バタバタというより、人の入りに波があって、その合間に今まで溜め込んでいた半壊アクセサリーをリペアしてます。あとボタンの整理もしなくちゃ。ということで、常に商品出しのために作業をする毎日です~。

e0074478_911439.jpg
 さて、今日はこちら。珍しい六角宝石箱をご紹介します。パリ郊外の古物市で見つけました。ナポレオン3世様式ですが、19世紀末から20世紀初頭にかけてのものだと思われます。

e0074478_9111853.jpg
 特にノルマンディー地方では、親の代の女性が、結婚する娘や息子の妻に自分のアクセサリーを贈る習慣があり、その器として造花などが入った大きなドームガラスのケースに入れて渡していたのだそうです。それで、この小さな宝石箱は、そんな習慣の中で使われていたドームガラスのケースが簡略化され、普及したものだと思われます。20世紀初頭には、フタの面に各地の風景写真を入れてお土産品として販売されていたようです。

 多くの場合、中のクッションがボロボロになっているのですが、こちらの箱の場合、まあまあのコンディションを保っていると思います。以前は蚤の市でたくさん見かけたこの種の箱も、世界中に散らばったようで、最近ではフランスでもレアアイテムになりつつあります。そしてこの六角というのは特に珍しく、それなりに価値が高いはず。先ずは眺めにいらしてください~。

まあまあお手頃価格です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-03-30 09:12 | 調度品 | Comments(8)
Commented by aomeumi at 2015-03-30 20:00
青目
さいこさんのご紹介で・・・伺いたいのですが、開催の日時が探しましたが見つかりません。いつまでやってらっしゃる ? 楽しみにしているのですが・・・
Commented at 2015-03-30 20:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomoakishimizu at 2015-03-31 08:14
青目さん、申し訳ございません。実はフェイスブックでも期間を書き忘れていて、ヒンシュクを買っているところでした。会期は4月6日までで、6日のみ17時半閉場です。宜しくお願いします~。
Commented by tomoakishimizu at 2015-03-31 08:15
上のカギコメさん、先日はお越し頂きまして、どうも有り難うございました! また5月29日からプピ・エ・ミミさんでイベントを開催します。次回は期間が長くなりますので、慌てずにいらしてください~。
Commented by hikarinekokirari at 2015-04-08 16:46
はじめてお邪魔いたします。

宝石箱素敵ですね~!
見とれてしまいました。。。

厚いガラスに温かみがありますね。。。
どんな方の持ち物だったのでしょう。。。
見慣れたアクセサリーもこのケースに入れると
違った表情を見せてくれそうですね!

今とは違う時代にしばし心がいざなわれました。
Commented by tomoakishimizu at 2015-04-08 19:38
hikarinekokirariさん、初めまして。そして初コメント、どうも有り難うございます。
 この宝石箱、フタ部分のガラスについては特にきれいにしましたし、周囲のガラスの上部部分の汚れも落としたので、随分と見違えたと思います。大阪、銀座と旅をしましたが、まだ里親は現われていません。滞在中の久留米で、明後日より里親探しをします~。
Commented at 2015-05-01 21:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomoakishimizu at 2015-05-01 23:10
上のカギコメさん、ご連絡どうも有り難うございました。そして掲載して頂き、どうも有り難うございます。とても嬉しく思っております。掲載の件については、ブログの記事中で触れるようにいたします。こちらこそ、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
<< アフリカン少女人形 ホワイトペイントのシャンデリア >>