キャベツ型ボンボンケース白バージョン

e0074478_23125414.jpg
 先週の土曜日にゲットしたキャベツ型ボンボンケース。すでにピンクバージョン透明バージョンをご紹介していますが、こちらは白いオパリーヌガラス製。

e0074478_23131613.jpg
 この写真では良く見えないかもしれませんが、ガラスの奥部分が飴色に光っています。これはオパリーヌガラスの特徴で、独特の光を反射することから、19世紀始めの開発以来、装身具などを中心に使用されてきました。

e0074478_23133759.jpg
 ポルチューの生産であることを示す刻印。ポルチューはロレーヌ地方の町の名前で、ガラス生産の起源は18世紀初頭にまで遡るそう。ラリックの工場があるウィンジャン・シュール・モデール(アルザス地方)からも然程遠くなく、この辺りはガラスの産地として有名。ということで、それなりに歴史的な裏打ちのある、クオリティの高いものなんです。

 ガラスとはいえ、頑強な作りで壊れにくいので、このまま沢山のバリエーションを揃えちゃおうかな〜なんて思ってたり。う〜ん、重いな。

荷造運賃が大変っ!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-02-26 23:14 | 調度品 | Comments(0)
<< オリーブの種抜き器 ロンシャン製ままごとセット >>