王朝風鏡

e0074478_18324552.jpg
 来週初めだと思っていたら、意外と早くやって来た友人の夫の告別式。着て行こうと思っていた、90年代のエディ・スリマンによるサン・ローランのフロックコートをクローゼットから取り出したら、あれまぁ、虫食いだらけ。自分の管理のあまさに愕然としながら、泣く泣く捨てました。形あるものはいつか壊れるのだから仕方ない。でも、形あるものをしかるべき保存方法を用いて長く使うのも使命、と襟を正す思いでした。

 さて今日は、前回日本へ持って行こうと思いながらも、箱に入れられなかった鏡をご紹介します。大きさは顔全体が写り込むくらい。おそらく50年代のものだと思いますが、様式的にはルイ14世あたりでしょうか。でも、この時代のこの手の鏡はイタリア製が多いので、もしかしたらルイ王朝スタイルではないのかも。素材は木を掘ったものだと記憶していますが、実物がどこへいったかわからず、確認できてません。ああ、部屋片付けなきゃ~。

告別式へ急ぎます~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2014-12-20 18:36 | 調度品 | Comments(0)
<< タイル張りのレードルラック マイセンのスープ皿 >>