パリ焼きのロココプレート

e0074478_10113578.jpg
 昨日はプピ・エ・ミミオーナーの平山夫妻に連れられて、目黒川のクリスマスイルミネーション『青の洞窟』へ行ってきました(1回見れば充分な感じ)。土曜日の夜だったのでもの凄い人の出で、周りには屋台トラックが点在。昔は縁日というと、お好み焼きやたこ焼きが定番でしたが、今は様変わりして、トルコ人と思しき男性の手によるケバブとか温かいメロンパンとかが売られてて、時代の違いを痛感。温かいメロンパンって何なの? どうしてこんなものこんなところで食べたいと思うかなぁ、なんて。でも一番疑問だったのが、恵比寿駅近辺にいた、腕を組んで仲良さそうにしてる20代そこそこのカップルの女子の方が「あたしが結婚したら、結婚式に出てくれる?」と男子に聞いていたことでした。時代は変りました〜。

[PR]
by tomoakishimizu | 2014-12-07 10:14 | 調度品 | Comments(0)
<< ヴィクトリアンのピューター製テ... 蚤の市イベント in 代官山 ... >>