「ほっ」と。キャンペーン

シーリングワックス

e0074478_2144612.jpg
 箱の美しさに目を奪われ、つい買い付けてしまったシーリングワックス(封印用蝋)です。パリ郊外の古物市で購入。

e0074478_21541.jpg
 上の朱赤がオーソドックスなタイプで、下の金・古金・パープルはイレギュラーな色。大きい方の箱にやや難あり。いつの時代のものかはわかりませんが、金という色から察するに、さほど古くないと思います。

 シーリングワックスは火であぶって溶かし、手紙の封に垂らして閉じる時に使い、熱でやわらかくなっている間に金属製のシーリングスタンプを押して刻印します。そのスタンプは、単体のスタンプの場合もあれば、紋章が入った指輪を使う場合もあります。よく歴史物の映画で出てきますね。

 このガルドという会社を検索してみたところ、ワックスについては引っかからず、ネット上では昔の請求書の売買が頻繁に行われているようでした。

 請求書から得られた情報をここに。会社は1869年創立。マスタードで有名な街、ディジョンが本社で、パリでは5区に販売店があったようです。今も存続しているのかはわかりませんでした。

e0074478_2152557.jpg
 冒頭では古くないと書きましたが、意外と年月が経っていて、エンジェルとメダルの商標は第1時世界大戦前から30年代頃まで使われていたよう。ですので、こちらのワックスは結構古かったです。

 他に用途が無いので、実際にシーリングスタンプを日頃から使っている人(そんな人いるのかぁ?)か、こういった古物を集めている人にしか響かない、なかなか難しいアイテムです。あ、箱マニアの方にもお勧めですね。何だかゾンザイな感じですみません~。

売り文句が思い付きません~ 
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2014-11-20 21:06 | 生活用品 | Comments(0)
<< キャニスターとポットのセット 蚤の市イベント in 代官山 ... >>