19世紀のビスク製花瓶

e0074478_024568.jpg
 最近花瓶にばかり目が行くのはどうしてなんだろう・・・。密かにマイブーム? こちらのコッテリした花瓶は、パリ市内の古物市で購入です。19世紀、おそらくナポレオン3世時代のもの。

e0074478_0251213.jpg
 リモージュからパリに運ばれた土台に上薬を掛けず、そのままフローラルモチーフを手で絵付けしたもの、と推測。要するにパリ焼です。ビスクドールと同じくマットな質感が特徴的。ゴールドにメッキされた真鍮枠と鎖がより一層絢爛な雰囲気を醸してます。

e0074478_0252542.jpg
 花瓶部分は高さ12cmで、ほとんど手のひらサイズ。この小ささから推測するに、いわゆる花瓶として売られていたのではなく、もしかしたビスクドールと一緒に飾るものとして制作されたのかも。もしそうだとしたら、19世紀って本当に贅沢な時代ですね~。

壊れ物でも小さければ良し~
人気ブログランキングへ
  
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-10-27 00:26 | 調度品 | Comments(0)
<< 19世紀のオパリーヌガラス製花瓶 キノコ型キャニスター >>