ルーアンの皿

e0074478_23382191.jpg
 パリコレ前にキュ・ノワールの皿をご紹介しましたが、その流れで今日はこちら。何となくキュ・ノワールに近い柄なので、ついつい買ってしまった絵皿2枚です。

e0074478_23383761.jpg
 産地はノルマンディー地方のルーアンだそうで、骨董品店のページをのぞくと、制作年代は大体18~19世紀となっています。

e0074478_2339058.jpg
 一緒に売られていた他の皿が1910~20年代のものだったので、20世紀になってからという可能性もありますが、100年くらい経っていることには違いなさそう。

e0074478_23391427.jpg
 それぞれすべてハンドペイント。いわゆるフランスのフェミニンなロココ的花柄とは違う、もうちょっとフォークロリックな世界観があります。バックスタンプというか、手書きのサインが入っていますが、どこの窯のものかはわかりませんでした。

e0074478_23392994.jpg
 こちらもキュ・ノワールのように裏側にハマ(高台)がなく、上薬が全体的にベッタリと塗られていています。また表のモチーフについても、中央に花カゴ、というのが共通点。

e0074478_23394692.jpg
 こういったタイプの皿は、フランスでは基本的に食事に使うのではなく、絵皿として飾るようです。果物を載せるくらいだったら問題ないでしょうが、衛生上の問題もあるので、刺身などは避けていただけたらと思います~。

あ、大きさは30cm弱あります~
人気ブログランキングへ
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-10-17 23:40 | 調度品 | Comments(0)
<< 19世紀の絵付け花瓶 サン・ローラン 2015春夏 >>