テリーヌポット(フタ無し)

e0074478_20482161.jpg
 昨日ご紹介したフィギュアは、1920〜30年頃のもので、ドイツの窯の作だということが読者の方の情報でわかりました。調べてみたら、よく見かけるアールデコ様式の置物を沢山作っていた有名な窯で、業者によっては10万円くらいの値段を付けているところもありました。その業者が仮に悪徳であったとしても、それなりに価値はありそうです。で、今日は打って変わって、こんな素朴な陶器をご紹介します。テリーヌ用のポットです。

[PR]
by tomoakishimizu | 2014-09-18 20:50 | 生活用品 | Comments(0)
<< キュ・ノワールのテリーヌ・ポット リュートを弾く道化の子供 >>