サン・ルイの塩胡椒入れ

e0074478_12491482.jpg
 早くも会期は2日を残すのみとなりました。昨日は8月最終日にして日曜日、そして夏休み最後の日だったので何となく人がまばら。途中友人のご両親などが訪れ、わぁ~っと盛り上がりましたが、その後は来客が減ってついつい眠くなることが多く、「もしかしてこの店だけ人がいないのかしら」と思って眠気覚ましついでに外へ出ると、やっぱり通りにも人がいなくて変に安心したりして(笑)。でも今日から9月ですね。新しいサイクルの始まりということで、張り切って行きたいと思います~。

e0074478_12483827.jpg
 今日のお宝はこちら。切子のワイングラスで有名なサン・ルイの塩胡椒入れです。以前バカラの塩胡椒入れをご紹介しましたが、フォルムはほとんど一緒です。どちらかがパクったのでしょうね。でも、つまみ部分がシルバーではなく真鍮なのと、バカラの方がカット面が真っ平らで正確。差を付けられてるかも。

e0074478_12501690.jpg
 とはいいつつも、そこは数々の傑作を世に送り出しているサン・ルイなわけで、美しいことに変わりありません。ほぼ1世紀経っている割には傷も欠けも少なく、完品とはいいませんが、まあまあの状態を保っていると思います。お店で実際に触れて頂きたいです~。


本日もお待ちしてます~
人気ブログランキングへ
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-09-01 12:50 | 調度品 | Comments(4)
Commented at 2014-09-01 19:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ナカムラ フキ at 2014-09-01 20:18 x
先日は楽しい時間をありがとうございました。頂いたショワジーのお皿、ブログで確認させていただいたら、1850年代くらいのものとのことで、その骨董品っぷりにびっくり、食器で使用なんて恐れ多いと、つい立て買ってきて、飾りとして収まりました。ばあちゃんと並べてたいがいアヤシイ雰囲気です。(笑)では、(*^-^*)ノ~~マタネー
Commented by tomoakishimizu at 2014-09-02 09:45
上のカギコメさん、久留米は秋らしくなったとはいえ、湿気が強いので日中は汗ばむ感じ。パリは涼しそうですね~。
バカラとサン・ルイって19世紀には同じ会社だったんですね。知りませんでした。しかもほとんど同じデザインのものが多く存在していて、見分けがつかないとか。へぇ~。
奥が深くて探求すると面白そうだけど、壊れるリスクがあるため積極的に仕入はしません~(笑)。
Commented by tomoakishimizu at 2014-09-02 09:50
ナカムラさん、先日はお越し頂き、そしてお買い物をしていただきどうも有り難うございました! 
あのお皿の記事を見返しましたが、やっぱり良かったなぁって(笑)。簡単に出てくるようなものではないので、おばあ様の横で大切にして頂けたら嬉しいです~。陶磁器やちょっとしたガラス製品は、これからも積極的に買い付けたいので、次回もご期待下さい!
<< バラモチーフの壁用ランプ クレイユ&モントローの絵の具皿 >>