「ほっ」と。キャンペーン

ベークライト製持ち手のやかん

e0074478_10581543.jpg
 昨日よりDENIMさんでのイベントがスタートしました~。雨の中お越し頂いた皆さん、どうも有り難うございました! お陰様でいつも通りの賑わいを見せ、スペースをとる大きな商品から無くなっていき、商品の置き場に困っていた僕としては嬉しい限り。一番の目玉商品だったル・クルーゼの14角鍋も、フラリと訪れたお客様の元へ旅立ちました~。今日はレースものとボタンを荷出ししなくちゃ。

 さて、今日はこちら。1940~50年代のやかんをご紹介します。本体は銅にクロームメッキを施してあります。持ち手とフタのツマミはベークライト製。

 デザインとしてはアール・デコですが、1920~30年代のものではありません。1940年代、50年代のフランスでは、ポップで華やかな60年代スタイルの登場を待つまで、過去の様式が氾濫していたようです。

e0074478_10583828.jpg
 買った当初、内側は石灰質が沈着していて鍾乳洞のようになってました。それをトンカチとねじ回しで外してやっとここまでにしたのですが、まだ何となく残ってますね。おそらく、前の持ち主は室内に湿り気を与えるために、ストーブの上に乗せて使っていたのだと思います。ですので、同じような使い方をしてくださる方にとっては問題ないでしょう。ただ、お茶やコーヒーのための湯沸しとして使うには、銅部分がむき出しになっているので微妙かも~。



置物としての使用が理想的です~
人気ブログランキングへ
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-08-30 11:00 | 生活用品 | Comments(2)
Commented by sana at 2014-09-03 21:12 x
なんともエレガントなやかんですねー。
Commented by tomoakishimizu at 2014-09-04 17:55
sanaさん、確かに~。ですが、結局里親探しそびれました~。次回、大阪にお目見えです。宜しくお願いします~。
<< クレイユ&モントローの絵の具皿 蚤の市イベント in 久留米@... >>