星の王子様の花瓶

e0074478_20424123.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、星の王子様モチーフの花瓶です。特に星の王子様について特別な思い入れは無いのですが、サン・テクジュペリの50フラン札は一応1枚だけ残してあります。でも持っててどうするんだろう。もうフランはユーロに換金できないはずだから、時すでに遅しですね。

e0074478_20395447.jpg
 底のスタンプ。見た感じ、そんなに古くないと思いましたが、チェコスロヴァキア製となっているので、80~90年代のものだろうと見当を付けつつ調べてみました。ピルケンハンマーというのは、ドイツ国境に近いチェコのブジェゾヴァーという街にある窯のことで、ブジェゾヴァーはドイツでの呼び方がピルケンハンマーなのだそう。要するにピルケンハンマーは地名であり、窯名でもあり、マイセンやセーヴルのように地名がそのままブランド名になっているのでした。特に19世紀に隆盛し、現在も磁器を生産しているようです。何だかややこしいですね。面倒だと思う人は読み返さずにスルーして下さい。

e0074478_2040734.jpg
 王子様の側が正面だとすると、裏側はこんな感じ。Der Kleine Prinz(デア・クライネ・プリンツ)というのはフランス語でLe Petit Princeを意味し、星の王子様をテーマにしたドイツの温泉町バーデン・バーデンにあるホテルの花瓶だったことがわかりました。何でドイツにフランスの童話をテーマにしたホテルがあるのかは謎。

 ネットで検索してみましたが、この花瓶と同じものはヒットせず、いつの時代のものか、そして備品だったのかお土産品だったのかがわかりませんでした。売っていたのはスラヴ語系の言葉を話す親子だったので、きっとチェコ人だったのでしょうが、どうやって手に入れたのか聞くべきでした。いずれにせよ、かなりレアなものということは確かなようです。

 キャラクター商品だから値段が高くなるなんてことは、僕のイベントでは有り得ませんが、仕入値が結構高かったのと壊れ物ということで、心持ち上乗せさせていただきます~。

先ずは大阪へ持って行きます~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-04-28 20:41 | 調度品 | Comments(0)
<< ピルケンハンマーのトリプルトレイ リモージュのドゥミタッス >>