カメリア(?)柄のキャニスター

e0074478_22142336.jpg
 こちらもつい先日買い付けたものです。椿のようなフローラルモチーフが華やかで、キッチュな色合いが新鮮。これって椿じゃなくて牡丹かもしれませんね。よくわからないけど。藤の花のようなものも見えるので、相当東洋を意識した柄です。

e0074478_22143859.jpg
 こちらのキャニスターは3つありましたが、大きなものはフタが無く、中くらいのものはフタにヒビが入ってたので、頼み込んでこのコーヒー入れだけを売ってもらいました。大きさとしては、6つセットの内の3番目に小さいものだと思うので、ギリギリ多くの人に可愛いと思ってもらえそうなサイズ、といえるかも。

e0074478_22145064.jpg
 Ditmar Urbach社(ディトマール・ウルバッハとでも発音するのでしょうか)のもので、以前同じ会社のフローラルモチーフのキャニスターをご紹介していますが、そちらはチェコスロヴァキア製でした。でもこのキャニスターはドイツ製となっているので、ナチスに併合された後の30年代終わり以降のものと思われます。

 その期間の短さから、ドイツ製のDitmar Urbachの製品は珍しいのではないかなと。ま、そこに価値を見出す人は少ないかもしれませんが。次回までに、このレベルのきれいな単体キャニスターをいくつか揃えて持って行きたいと思います~。 

今週も頑張ります~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-04-14 22:18 | 生活用品 | Comments(0)
<< ホウロウ製コンポティエ サイケベレーを被ったアヒルのランプ >>