ハンドペイントのガラス製花瓶

e0074478_1657369.jpg
 エナメルをハンドペイントしているガラス製の花瓶です。パリ市内の古物市でゲットしました。売っていたのは、顔馴染みのプロのフランス人男性。

 この花瓶には直球型の華やかさは感じられず、値段的にも高く、そんなに興味が無かったのだけれど、そのオッサンは今後壊れることを想定すると今直ぐにでも売りたかったようで、どんどん値段を下げてきて、引き留められ、結局買うことになっちゃいました。
 

 高さは20cm弱。先日は花びらのような細工が施されているオパリーヌガラスの花瓶を紹介していますが、こちらはもうちょっと透明感のあるバージョンです。19世紀末から20世紀にかけての制作、とオッサンは言っていたものの、アールヌーボーにしては質実剛健な感じがするので、もしかするとナポレオン3世時代かもしれません。

e0074478_16575835.jpg
 ま、質実剛健といっても十分にフェミニンでロマンティックな雰囲気がありますし、華やかさが強くないとはいえ地味派手な印象。非常に東洋的で、この楚々とした佇まいは正に日本的。ともすると、やっぱり1900年頃のものなのかも~。
 

ひとまず骨董品です~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-10-20 16:59 | 調度品 | Comments(0)
<< ニンジンを持ったウサギ スズメ3匹が乗った磁器製小箱 >>