花びら口のハンドペイントガラス花瓶

e0074478_1805392.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、花びらのような細工が施されているオパリーヌガラス製花瓶です。割れや欠けの無い完品。

e0074478_1811424.jpg
 僕が好き好んで買い付けている、チューリップ型のランプシェードと同じ工法です。

e0074478_1813460.jpg
 高さ23cm。花びらのような口で無地の花瓶だったらそれほど珍しくはないけれど、ここまでしっかり絵が描かれているのは相当レア。モチーフはハンドペイントで、焼き付けてあるので日に当てても色が飛びません。実験したわけじゃないですけど。

 おそらく19世紀末のアールヌーボー時代のもので、いわゆるナポレオン3世時代のものと比べると、アールヌーボーならではの色濃くて毒々しい雰囲気が漂っていますかね。きっとガレの花瓶か何かを真似て作ったのでしょうが、ガレや”なんちゃってガレ”が氾濫している昨今、ガラスを削って作る本家本元とは違い、ガラスにペイントというのはむしろ貴重かもしれません~。

モノの価値は持ち主が決めるのです~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-10-18 18:03 | 調度品 | Comments(0)
<< スズメ3匹が乗った磁器製小箱 ジョン・トラボルタのイラスト鏡 >>