モンクレール・ガム・ルージュ 春夏 2014

e0074478_23591966.jpg
 結局、ラストとなるマーク・ジェイコブスによるルイ・ヴィトンのショーには招待されず、モンクレールがパリコレ最後のショーとなりました。ま、他にも見ているので厳密には違うのですが。会場は相変わらず元コルドゥリエ修道院のホールで、ランウェイはジャングルのように熱帯植物でデコレーションされていました。

e0074478_23593861.jpg
 基本的に春夏ではダウンを使わないのでシンプルなシルエットとなり、そこにデザイナーであるジャンバティスタ・ヴァリらしいプリントが使われ、装飾が施されるというスタイルが続いています。今回はゴージャスな羽使いが目立ち、ゼブラやパンサーなど、アニマルモチーフのアイテムが沢山。

e0074478_23595234.jpg
 途中でスケボー少年たちが飛び出してきて、ヒップホップスタイルのモデルが登場。

e0074478_002554.jpg
 そして最後はやっぱりアニマルモチーフで締め。モンクレール・ガム・ルージュって、パリでは中々買えないラインでしたが、パリコレ期間中にオープンしたビッグな新店舗ではモンクレールの全てのコレクションが揃うようです。

e0074478_004156.jpg
 トドメでゴリラがスケボーに乗って登場。会場からは大きな歓声が上がりました。そんなに盛り上がるようなことかなぁ~。

 今回は毎日1つか2つのショーしか見られず、自分でも何だかよくわからないパリコレでした。僕だけがそんな目に遭っているのかと思ったら大間違いで、招待されるショーの数がガクンと減っている中堅のジャーナリストやスタイリストが僕の周りには少なくなく、自分だけじゃないんだったら仕方ないか、なんて思ったり。かといって、招待されなかったメゾンのコレクションを見にショールームへ行ってみても、これだったらショーを見ずに済んで良かった、なんて思うことが連続的に起こり(ランバンは違ったけど)、僕にとってファッションとは何ぞや、と考えさせられる微妙な現状にあります。全てのシステムがひっくり返って原点に戻らないと、新しいものを創造するのは難しいのかなぁ。ということは、随分前から思っていることなんですけどね~。

明日から古物に戻します~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
  
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-10-07 23:56 | パリコレ | Comments(6)
Commented by 福岡のファッション好き at 2013-10-08 00:27 x
Gamme Rougeはいつも通りの良くも悪くも抜群の安定感でしたね。笑今回のパリコレは、個人的にはゴルチエがエンターテインメントショーとしては一番面白かった気がするのですが、清水さんは行かれましたか?服は完全に伝統芸能化していて何も新しくはなかったのですが・・・。
Commented by 高原凌 at 2013-10-08 15:01 x
はじめまして。セリーヌのパタンナーについて調べていたら清水さんのこちらのブログを知りました!いつも読ませていただいてます。私は今長崎から東京に出て文化服装学院で服作りを学んでます。セリーヌの服作り、シンプルさとバランス、ダーツ処理に感銘をうけ、どうしてもセリーヌのパタンナーになりたくセリーヌで服についてもっと学びたいと思っています。
清水さんのお友達でセリーヌのアトリエで働いてる日本人の方に少しでもお話を聞かせていただければと思います。お忙しいとは思いますがもしよかったらお返事ください。よろしくお願いします。
Commented by tomoakishimizu at 2013-10-08 22:07
福岡のファッション好きさん、ゴルチエのショーは残念ながら見ていません。見た人からは楽しかったと聞いています。エンターテイメントとしては、リック・オウエンスも面白かったと聞き、Youtubeで見ましたが、なるほどって思いました。でも服を見せるのにエンターテイメントって必要なのかなって(笑)。
Commented by tomoakishimizu at 2013-10-08 22:17
高原凌さん、初めまして。そして初コメントどうも有り難うございます。
確かにセリーヌには日本人のパタンナーがいて、少々知ってはいますが、そんなに親しくも無く、直接連絡が取れるわけでもないですので、ご紹介するのは難しいです。彼はそもそも前の代のデザイナーの時からセリーヌにいて、フィービー・ファイロがセリーヌにいるから就職したわけではなかったと思います。
パタンナーとしてセリーヌに雇用されるまでには、先ずは文化を卒業し、パタンナーとしてある程度の経験を得て、フランス語・英語を学び、ビザを取得して云々、していると何年かかかってしまうかもしれません。今はきっと絶対的にセリーヌに行きたいと思っていらっしゃるかもしれませんが、そうこうしている間に、また違ったものを見つける可能性もあると思いますよ。焦らずに頑張って下さい!
Commented by Kaoru at 2013-10-15 17:10 x
こんにちは。
パリコレのレポート楽しかったです。蚤の市との記事の差が好きです。
日本も今週から東京コレクションです。今回初めて見に行って来ます~。(全く知らないブランドですが・・・楽しめるのかな?)
そして来週は自分のアクセサリーの展示会です。(一応東京コレクションの一環)今、準備中につき物凄く焦っています・・・いつもギリギリでどうすれば、計画通りスマートに進められるんでしょうか?
Commented by tomoakishimizu at 2013-10-15 20:34
Kaoruさん、基本的にパリコレの記事と蚤の市の記事に差をつけているつもりはないんですが、やっぱり出ちゃうんでしょうね(笑)。何か、パリコレの記事は気が抜けなくてストレス感じますよ~。
ギリギリって、いつも僕もギリギリです。あれこれ言える立場に無い! やっぱり計画表を作るべき、と思って8月に作ってみたものの、全然その通りに進みませんでした~(だからバッグはパリで完成を見ませんでした)。
<< アールデコ期のケーキ皿とケーキトレイ クロエ 春夏 2014 >>