「ほっ」と。キャンペーン

ブルーウィロウの皿

e0074478_10331877.jpg
 イギリスで創作された中国が舞台のおとぎ話、ブルー・ウィロウをモチーフにしたイギリス製の皿です。アリーグルにて購入。
 

 このウィローモチーフは、イギリスの陶磁器窯であるミントンの創始者、トーマス・ミントンが18世紀後半に考案したもの。物語の作者は誰だかわかりませんが、とにかく中国伝来のものではなく、イギリス人の創作だそう。モチーフは19世紀になってからポピュラーになり、その後2世紀に渡って愛され続けています。で、この皿は19世紀後半のもののようです。

 日本趣味とともに中国趣味が広がりを見せたのがアールデコ以前で、このブルーウィロウは、アールデコ創世に少しだけ貢献していたかもしれませんね。

e0074478_10333842.jpg
 コープランドという窯のもので、磁器なのに厚みと重量感があり、その反面スカラップエッジにカットして波模様を施すことでフェミニンで繊細な印象を与えています。もちろんハンドペイントではなくプリントですが、触れた瞬間それなりに良いものであることがわかるはず。

e0074478_1034671.jpg
 DENIMさんに持ってきて店主と店長の2人に見せたら「この店では受けない~」という反応。でも2枚ある内1枚は初日に買い手が現れました。ということで、まだもう1枚残っています。持っていて価値があるものだし、お手頃値段での提供なので、これを機会に是非手に取って見て頂きたいです~。

e0074478_10342392.jpg
 さて、今日はイベント3日目。レースやドイリーなどを中心に、まだまだ店頭に出せていないものが沢山あり、今から値札を作らないといけません。作業は少しずつ前進というパターンで、中々大変なんですが頑張ります。紹介し忘れていましたが、こちらは僕の蚤の市イベントと同時に行われている原槇恵美ちゃんのバッグの受注会スペースの模様。相変わらずポップで華やかな雰囲気です。

e0074478_1034396.jpg
 期間中にオーダーすると、こんな蝶ネクタイ風ブローチがもらえちゃいます。こちらも併せて、宜しくお願いします~。

今日もお待ちしてます~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-09-08 10:35 | 生活用品 | Comments(0)
<< ニヨン焼のトレイ3点 蚤の市イベント @ DENIM... >>