ホワイトグリーン クリーマー

e0074478_19173080.jpg
 ヴィレロイ&ボッホに続き、一日挟んで今日は内側がグリーンのクリーマーをご紹介します。こちらもNous Deuxの文字が入っていて、おそらくは「君と僕カップ&ソーサー」とセットになっていたはず。

e0074478_19174039.jpg
 ディゴワン&サルグミーヌのものであることを示すスタンプです。ヴィレロイ&ボッホ同様ロレーヌ地方産で、カップ&ソーサーとクリーマーのセットは50年代当時に流行ったようですね。

 さて、昨日日本に無事生還~。今回は特に様々なラッキーが重なり、色々なプチ危機を潜り抜けて、どうにかこうにか大量の荷物を持って来ることが出来ました。皆さんに感謝~。観なくちゃいけないと思ってた『華麗なるギャツビー』のリメイク版も機内で観られたし(ま、予測通りのガッカリでしたが)。

 最大のアクシデントは、日本のプレスセールで買ったクリストフ・ルメールのパンツの股部分の糸が切れて裂けたこと。パリの部屋でビリっときて、ほんの少しだったので余裕な感じでいたら、しゃがむタイミングでどんどん裂けてきて、飛行機に乗る頃にはグルリとお尻の穴付近まで行っちゃってました。成田に着いて宅急便で荷物を送る作業をしている時に、後ろに立っている男性が何かニタニタしているなぁ、と思ってハッとしました。荷物を入れ替える作業をしている間に更にバックリと裂け、ベルトループに届きそうなくらい。下に穿いていた巻寿司柄のアンダーウェアが全開! ま、いいけど、ちょっと損した気分(笑)。

 さて、今回は珍しく友人知人の類と飛行機で一緒になりませんでしたが、なぜか小沢一郎が取り巻きご一行様と一緒に乗っていました。顔はパツパツで元気そうだけど、ヨチヨチとヒヨコのように歩いていたのが印象的。あとユニクロパリチームもいて、パリ店の一日の売り上げ額について話していたので、つい耳をソバ立ててしまいました。普通に億単位。1日の売り上げですよ。自分の活動がもの凄くミクロに感じられましたが、ま、所詮は「企業ひとり」なので、有り得ない残業とか異常な肉体労働を自分に強いても「ブラック」とか言われないからいいか、なんて。とにかくこれから2週間強、走り続けます~。

まずは久留米のグルメが楽しみです~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-09-04 19:22 | 生活用品 | Comments(2)
Commented at 2013-09-05 20:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomoakishimizu at 2013-09-06 10:33
上のカギコメさん、ははは、色々と書きたいことがありますが、問題になるといけないので、会った時に話します(笑)。
<< アルコールポット ビレロイ&ボッホのクリーマー >>