「ほっ」と。キャンペーン

小人のオジサン花瓶

e0074478_19435215.jpg
 昨日、パリ郊外の町で行われていた古物市で見つけました。オジサンの花瓶。赤い頭巾型の帽子を被っているので、多分小人だと思います。小人というか、ケルト民話における森の妖精ですね。靴と金槌がモチーフで付いているので、この人は靴職人なのでしょう。

e0074478_19441113.jpg
 いつの時代のものかサッパリですが、ひとまずアイルランド製らしいです。

 これ、大阪では絶対に受けそうにないですね。かといって久留米も無理そう。やっぱり東京だなぁ。でも11月まで眠らせておくのは勿体無いので、とにかく久留米に持って行くことにします。買値がそれなりだったので、それなり値段になるはずですが、それでも許せる方にお買い上げ頂きたいです~。

 実はこれを買った時、一緒にいた友人(バイヤー暦長い先輩)に超微妙な顔をされました。「バイイングの肝は、売れ残って自分で引き取れるかどうかよ」と言われましたが、売れ残ったら自分で引き取りますよ。だって久々のヒットだったんだもん~。

センス疑われそうだけど…

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-08-12 19:45 | 生活用品 | Comments(4)
Commented by みか at 2013-08-14 10:09 x
こんにちは。興味深い内容で、いつも感心しながら拝見しています。
おお、アイルランドの妖精、レプラコーンですね。虹のふもとに、お宝を埋めている、という。
アメリカとかなら、アイリッシュの祝日「セントパトリックス・デイ」の飾り物として、喜ぶ人いるかも。
なんでも緑のものを身に付けたり飲食したりする日なので、グリーンビアという緑に染めたビールを飲んだりもします。
そういうのを入れるのにいいかも?
Commented by tomoakishimizu at 2013-08-14 20:31
みかさん、情報有難うございます~。あ~、そういう使い方をするんですねぇ。やっぱりマグカップだったか(笑)。
確かに緑の服着てるのでアイリッシュな感じがしましたが、レプラコーンという妖精がモチーフだったとは知りませんでした。でも靴職人の妖精というのは当たっててホッとしました。
そういえば、とある守護霊が見える人に、僕にはケルトの妖精が憑いてるって言われたことがありました~。
Commented by コマダム at 2013-08-15 02:25 x
妖精わかる~確か友君の前世は、お坊さんなんでしょ?
なんか友くんキレイなオーラっぽいもん
Commented by tomoakishimizu at 2013-08-15 16:17
コマダムさん、よく覚えてますね~。前世はお坊さんで、守護霊でも憑いていて、あとケルトの妖精と柴犬が憑いてるって言われました(笑)。オーラがキレイかどうかは知りません。適度に汚れてると思いますよ~(意味深)。
<< イニシャル入り果物杯とソース入れ プードルのカトラリースタンド >>