プジョー製コーヒーミル 其の三

e0074478_0341273.jpg
 本日、このコーヒーミル最終回です。引き出しの取っ手を探しに、アリーグル市場に程近い金具屋へ行きました。ここは19世紀のパーツを扱っていて、店の内装もその頃からほとんど変えていないと思われるくらいの古めかしさ。ウィンドーのガラスは平らじゃなく、ユラユラしてます。引き出しごと持っていって店主に見せたら、穴が大きいのでこれは金属の取っ手ではなく木製だったはず、とのこと。前世紀初頭のコーヒーミルの引き出しの取っ手は木の場合が多かったそうで、同じ通りの木工パーツ屋を紹介してもらいました。

 ミシュレという専門店で、こちらもかなり古そうな店構え。フランス革命の頃からアリーグル一帯は家具職人の集まる地区だったので、もしかしたらその頃から続いているのかも。で、上のような取っ手を出してもらって購入しました。ちなみにこちらは古いものではなく現行品です。

e0074478_0342647.jpg
 バラバラのパーツに二スを2回塗り、組み立て直して更にワックスを掛けました。

e0074478_0343831.jpg
 お直し後の姿です~。適度に古さを残しながら、不潔な感じが無くなったと思いますが、いかがでしょうか。

e0074478_0345287.jpg
         プレートも金槌で平らにし、金属磨きで磨いてピカピカに。

 部屋に汚いものがあると思うと毎日落ち着かなかったのですが、やっとのことでホッとできるようになった感じ。と同時に、愛着がムクムクと湧いてきてしまい、これはイカンと思って視野に入らないよう段ボール箱に仕舞うことにしました~。

この商売ったら別離の連続:辛い~(嘘)

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-07-21 00:37 | 生活用品 | Comments(0)
<< セーヴル焼のケース プジョー製コーヒーミル 其の二 >>