ピューターの水差し&受け皿

e0074478_1972851.jpg
 昨日とは打って変わって、シンプルなデザインのピューター製水差しと受け皿をご紹介します。これ、もの凄く重くて質実剛健な感じ。受け皿も片手で持つのが辛いくらいです。

 パリ市内で行われていた古物市でゲット。売っていたのがアラブ人のオッチャンだったので、出所や製作年代を聞いても訳わかんないと思って聞きませんでした。

e0074478_1974926.jpg
 こんな風に百合の紋章が入っていますが、これがもっともらしくて微妙な感じ。本当に王家で使われていたんだかはナゾです。

e0074478_198114.jpg
 フタのつまみ部分の細工もナゾ。かなり土偶チックで宇宙な感じ。何を表してるんだろう。

e0074478_1981385.jpg
 立体的な百合の紋章が入っている水差しとは違い、受け皿のほうは刻印を打ち込んであります。

 僕の推測では、20世紀に入ってからのものではないかと思いますが、そうでなかったら本当にブルボン王朝由来? もしそうだとしたら、あまりにも簡素なので王様が使っていたのではなく、召使いレベルだと思います。それにしては立派なんですけどね。もしかしたら本当に王様用? まさかそんなものが古物市で出回っているはずが無いと思うのですが。とにかく、不景気な今とは違って、お金が余っている&搾取がまかり通っていた時代のものであることは間違いなさそう。

 先述の通り、もの凄い重さで実用性には欠けますが、ここまで金属の無駄使いは今の時代では有り得ないので、これをご購入いただき、昔の人がいかに贅沢屋で力持ちだったかを実感していただきたいです~。


ダンベルとしてもお使いいただけます~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-06-26 19:09 | 生活用品 | Comments(7)
Commented by 金沢さくら at 2013-06-26 21:55 x
先日はコメントにお返事ありがとうございますo(^-^)o


百合の紋章はかっこいいですね


ダンベル並みの重さではオブジェになってしまいそう…




ちょっと違う質問させていただいよろしいでしょうか?


8月の19日から29日までフランスにいきます。



先日購入させていただいた本読んで、アリーグルの蚤の市にいきたいと思いました。


私が行く期間も開催されてますでしょうか?


一番の楽しみにしてますので教えてくださいo(^-^)o
Commented by tomoakishimizu at 2013-06-27 02:21
金沢さん、アリーグル市場基本的にバカンスは無いのですが、蚤の市についてはお店によってお休みするところもあり、出店数はやや少なくなります。8月いっぱい休みをとる人もいるので、微妙なところですが、ひとまず店は出ていると思いますよ。その他にも野菜市場を見て回ったり、屋内のちょっとお高め市場を歩き回るのもおすすめです。
Commented by 金沢さくら at 2013-06-27 12:37 x
お返事ありがとうございますo(^-^)o


少しでもでてたら嬉しいです♪


楽しみです♪
Commented by tomoakishimizu at 2013-06-27 15:56
金沢さん、大丈夫だと思いますよ~。ヴァンヴの蚤の市も出店数少ないですが、行かれてみてください。
Commented at 2013-06-28 23:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-28 23:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomoakishimizu at 2013-06-29 14:26
上のカギコメさん、すみません。高さを書き忘れていました。43cmくらいです。
<< ジュリアン・ダヴィッド メンズ... フローラルモチーフの水差しと桶 >>