「ほっ」と。キャンペーン

陶器のロココ風横長花瓶

e0074478_2132527.jpg
 そろそろ来月の告知をしなくてはいけませんが、今日DM用の写真を撮る予定なので、もうしばらくお待ちください。

 さて、今日は東京行きが決定しているこちらの花瓶をご紹介します。花瓶じゃなくても、飴やクッキー、果物を盛っても良し。

e0074478_21323178.jpg
 反対側はこんな感じ。右端の脚が一つだけ短いのですが、折れてしまっているのではなく、上薬が掛かっているので、最初からこうだったようです。そんな適当な感じがフランスらしい、おそらく1930年代以前のファイアンス(陶器)。

e0074478_21331111.jpg
 何となくブーシェ風の絵が4枚プリントされています。でもこれがかなりキッチュ。悪趣味一歩手前というか、超えちゃってる?

e0074478_21333781.jpg
 大女が若い男を誘うの図。バランス悪くてあんまり色っぽくないかも・・・。

e0074478_2134597.jpg
 これは良くあるタイプの構図だと思いますが、本当のロココ時代の絵から比べると、男女の接近具合が密過ぎるかも。

e0074478_21344097.jpg
         う~ん、これはロココじゃなくてハーレクインロマンスな感じ。

 思うに、モチーフがあからさまなので、昔の娼館で使われていたのではないかなと。あくまでも僕の推測ですが。でも、そんなことをイメージするだけで、この花瓶への見方が変わってくるし、より一層興味が湧いてくるというもの。好奇心丸出しで花瓶を眺めてくれる人がいれば嬉しいです~。

どぎつい色の花を生けてください~

http://blog.with2.net/link.php?153914
 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-04-23 21:36 | 生活用品 | Comments(2)
Commented by nouvelle at 2013-04-24 11:55 x
よくもまあ、さがしもさがしたり、みつけていらっしゃる!すごい!の一語です。ゲイカップル法案も可決、これでオランドも安泰なの?
ってことより、告知を!
Commented by tomoakishimizu at 2013-04-24 14:54
nouvelleさん、有難うございます~。
同性愛婚を認めたのは、何か裏がありそうですね。と、何かにつけて陰謀説を唱える僕です(笑)。
告知はもう暫くお待ち下さい~。
<< カルトナージュの箱色々 帽子用鳥の剥製 >>