「ほっ」と。キャンペーン

茶色の小瓶

e0074478_2593358.jpg
 「不思議なぁ、不思議なぁ、茶色の小瓶、ホッホ~」っていう歌がありましたが、あれって何を意味していたんだろうか。お医者の家の薬棚から盗んだ小瓶の中身を服用したら、トンじゃって笑いが止まらなくなったとか、そんなことだったのかなぁ。なんて思って調べてみたら、小瓶は酒瓶のことで、アル中夫婦のことを歌っていたのだそう。へぇ~、知らなかった。でもこの曲、小さい頃から全然好きになれない~。

 前置きが長くなりましたが、手の平サイズの茶色の小瓶です。パリ市内で行われていた古物市で買い付けました。

 十中八九薬用だったと思われます。フタは最初から無く、内側が擦りガラス状になっていなくて、ガラスの栓が付いていたとも考えられず。僕の予想では、口の周りが一段高くなているので、ゴムか何かのフタで開閉する構造なのだと思います。ま、そんなに古いものではないでしょう。

e0074478_259511.jpg
 このままフタが無い状態だとあんまりにも色気が無いので、コルクの栓を探して付けてみました。

 このコルクを探すのが大変で苦労しました。パリの東急ハンズと言われるBHVへ行ったら、やれ3階だ、いや1階だ、違う違う、5階だ、と別々の店員にいろんなことを言われて右往左往。フランスではよくある話なんですが、結局売ってませんでした。

 で、ネットで調べて出てきた19世紀から続くコルク専門店へ(最初からネットに頼ればよかった!)。でもそういう老舗だから、日曜日と水曜日は休みだし、昼休みもしっかり取るし、4時には閉まるというアナクロを絵に描いたようなお店。2度行ってやっとゲットです。

 そんなに苦労をしても、その仕事量に見合った値段で売れないのが実情でして、廉価での提供予定です~。

まとめ買いお願いします~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-03-24 03:03 | 生活用品 | Comments(8)
Commented by eriho at 2013-03-24 13:28 x
BHVでの右往左往、上行ったり下行ったり、そしてあきらめる。。って、パリエキスパートの友くんでもそうなんですね。
Commented by やす at 2013-03-24 22:44 x
この歌、そんな歌詞だったんですね。気になって私も調べてみました。「ジンが好き」だの「ラムが好き」だのという歌詞で、6番まである歌のようです。なんじゃこりゃ。
グレンミラーオーケストラが演奏すると好きなんですけどね・・・。
Commented by ぐり at 2013-03-24 23:08 x
「茶色の小瓶」は、歌詞よりも音階で覚えてます。ミソ~ソソ~、ファラ~ララ~、シシ~シラ~シ~ド~レ~ミ~・・・。(笑)でも、楽譜殆ど読めないのよね~。
Commented by tomoakishimizu at 2013-03-25 19:16
erihoさん、う~ん、何年いてもフランス人のメンタリティには慣れないです(笑)。
Commented by tomoakishimizu at 2013-03-25 19:18
やすさん、学校で歌わされていたのが嫌だったのかも。歌詞を変えているとはいえ、酒飲みの歌を学生に歌わせるのはおかしいと思います(笑)。
Commented by tomoakishimizu at 2013-03-25 19:19
ぐりちゃん、僕も楽譜は読めません。でも何でわざわざ音階で覚えたの?
Commented by ぐり at 2013-03-25 19:33 x
小学校の音楽の授業で、縦笛(リコーダー)を吹く為に覚えさせられたのさ!(笑)いまだに音階が必要な楽器は苦手です。
Commented by tomoakishimizu at 2013-03-27 04:37
ぐりちゃん、ああ、そういうことか。ちなみに僕は楽器何も弾けません~。
<< コーヒーミル 青銅色バージョン エンジェルの花瓶、あるいはポプ... >>