「ほっ」と。キャンペーン

エンジェルの花瓶、あるいはポプリケース kawaii

e0074478_1865027.jpg
 エンジェルちゃんがついた花瓶、あるいはポプリ入れです。キッチュギリギリの可愛さに惹かれて仕入れました。パリ市内の路上で行われていた古物市で購入。

e0074478_1871452.jpg
 裏返すと、こんな風に剣を交差させた刻印が入ってます。ハッと焦ったり、頭の中がザワザワした人もいるかもしれませんが大丈夫。マイセンではありません。そんなやんごとなき焼き物は路上で売ってないですから。パリでは、6区か8区のアンティーク屋に行かないと見つからないでしょうね。

 エンジェル好き女子というのはそこかしこに必ず存在するようなので、そういった方たち向けでしょうか。お値段はマイセンの10分の1以下?

結構ドスコイな重量感~

http://blog.with2.net/link.php?153914  
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-03-22 18:09 | 生活用品 | Comments(2)
Commented by Nouvelle at 2013-03-23 06:59 x
またまた興味深い御品を、。エンジェルのゆる〜い感じ、これはまさしくマイセンではありませんな。剣のマークはイギリスのDerby,Bristol,ドイツのマイセンで1700年代半ばから使われてきました。
マークだけでいうとマイセンの1770年ー1778年のもに一番近いのですが如何せん作風が。R、Bの手書きは1710年以降のRouenで使われ、また、R だと、Rennesにも名窯があったので、、その辺りかも。シリアルナンバーがあるところが何とも悩ましいですね。セラミックは近頃とんとみていないので、、。それにしても、天使のユルさに癒されます。
Commented by tomoakishimizu at 2013-03-24 03:06
Nouvelleさん、うわぁ~、この写真だけでこれだけの知識が出てきちゃうのは凄い~。
でもですね、そんな立派なものではないと思います。
僕の予測では、ヘレンド辺りの東欧の職人が適当にアルバイト感覚で作ってみました、みたいなものではないかなと思ったのですが。どうなんだろう。
天使の顔、確かにユルユルだけど、中々可愛いくて僕の好みではあります~。
<< 茶色の小瓶 陶器製果物カゴ >>