フローラルモチーフの塩入れ

e0074478_1552079.jpg
 昨日のマッチ入れからの流れで、今日はこの塩壷をご紹介します。どこで買い付けたのか記憶が薄いのですが、多分アリーグルの蚤の市だったはず。

e0074478_1553315.jpg
 底の刻印の図。おそらく20~30年代のもので、ご覧の通りのフランス製。Porcelor Céranord(ポルスロール・セラノール)というのは、ベルギーに程近いパ・ドゥ・カレ県にあるサン・タモンという街に存在した窯のようです。ネットで調べてみましたが、詳細は出てきませんでした。

 ポンパドールというのは、きっとマルキーズ・ドゥ・ポンパドール(ポンパドール夫人)のことで、ボタニカモチーフでロココをイメージしているのだと思われます。でも、いわゆる流麗で華やかなロココとは違って、何となく硬い感じがするのは、アールデコの影響ゆえなのでしょう。

 そもそも、塩入れにポンパドール&ロココの取り合わせは微妙で、かなり無茶な感じ。きっと作者は「でも可愛いからいいか」なんて言っていたはず。そんなユルさが漂うアイテムです~。
 
塩入れ以外に用途は沢山~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-02-21 23:40 | 生活用品 | Comments(0)
<< マーガレットモチーフのボンボンカップ ホウロウ製のマッチ入れ >>