「ほっ」と。キャンペーン

ホウロウ製のマッチ入れ

e0074478_2213019.jpg
 1920~30年代のホウロウ製マッチ入れです。白地にブルーの斑点、あるいは白地にブルーの縁取りが入ったものは良く見かけますが、グリーンの濃淡を使ったものはレア。高かったけど、珍しさにひかれてついつい買い付けちゃいました。

 グリーンといえば、「ラデュレのパッケージに使われてるようなグリーンのカゴってパリで売ってない?」と最近姉から尋ねられてビックリ。ラデュレのグリーンって指定してくるところがミソで、どうも日本ではあのブロンズが錆びたような青銅色が流行っているようですね。

 そういえば、去年の11月に刺繍糸を仕入れて大阪に持っていったら、「ラデュレのグリーン、カッワイイ~、ってなるねん」と言いつつ薄緑の糸を何個も買い込んでくれた友人がいました。

 ラデュレがもてはやされ、日本人の頭にはあのグリーンが刷り込まれているようですね。最近はスイーツだけでなく、コスメやステーショナリーなどのビジネス展開甚だしく、昔の街のお菓子屋さんのイメージは微塵も無いかも。もの凄い数の店舗展開をしているわけで、ああでもしないと成立しないのでしょうが、ちょっと寂しい感じもします。

 そもそも、ラデュレのお菓子って最近は今一つ繊細さに欠けていて、わざわざ買ってまで食べる気がしません(ゴメン~)。

 でもそんな中で唯一好きなものがあるのも事実。ティーサロンで出しているバラ・パフェ「クープ・イスパアン」です。ピエール・エルメが開発したバラのアイスクリームに、フランボワーズとイチゴのシャーベット、ライチ、そして生クリームがかかっていて夢のような美味しさ。多分日本には無いメニュー、と思って調べたら、何だよぉ、日本にもあるじゃん。しかも今のレートだと日本の方が断然安い! でも本場の方が絶対ボリュームがあって美味しいはず? とにかくパリにお越しの際はお試しください~。

ラデュレの話で終わっちゃった…

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-02-20 22:03 | 生活用品 | Comments(6)
Commented by やす at 2013-02-20 22:16 x
友くん、こんにちは。
私もラデュレのコスメの広告を見た時にはビックリしました。最初はコスメっぽいお菓子かと思ったのですが、どうやら本当にコスメだったので、「ここまでやるのか・・・」と。
Commented by erika at 2013-02-21 21:15 x
>もの凄い数の店舗展開
そうなの、12月にカンヌにも開店したんだよ♪
でもティーサロンはないから、夢のようなパフェはパリに行かないと〜
ローマにもできたらしいし、かつてお店がRUE ROYALだけで、シャンゼリゼ店もまだJALのオフィスだったころがうそのよう・・
Commented by ぐり at 2013-02-21 22:26 x
すみませ~ん(?)ラデュレの口紅買ってしまいました~。(^_^;)
ラデュレのパッケージのグリーンって、そんなに流行ってたのね。去年、ラデュレ大丸心斎橋店限定のケーキを見ました。二段重ねの豪華で可愛いケーキでしたが、明らかに一人分サイズなのに値段が2000円程・・・。ぼったくりなのか妥当なのかよくわかりません~。
Commented by tomoakishimizu at 2013-02-22 01:31
やすさん、あそこまでやらないと商品として売れない、ということなんでしょうか。最近のラデュレは一生懸命さが前面に出ていて、ちょっと怖い感じがします・・・。
Commented by tomoakishimizu at 2013-02-22 01:35
erikaさん、パリに住んでかれこれ20年目になろうとしてるけど、昔は全然違ったよね~。やっぱりポールが買収してから超ビジネス路線になったと思う。そのポールなんて、ラデュレと比較にならないくらい店舗数が凄い!
ラデュレの何がダメになったか、それはサービスが(更に)悪くなったことです。高級店なのにどうして?って思うことしばしば。どうにかして~。
Commented by tomoakishimizu at 2013-02-22 01:39
ぐりちゃんみたいな人が沢山いるから、ラデュレのビジネスは上手く行くんだろうね。でも僕みたいな人がパフェ食べるから、とも言えるかも。
二段重ねのケーキ、2000円かぁ。同じ2000円だったら、超高級花びら餅食べたい~。
<< フローラルモチーフの塩入れ ピューター製ナゾの道具 >>