「ほっ」と。キャンペーン

イタリア製バロック様式の鏡

e0074478_23565684.jpg
 この鏡も前回持って行こうとして、荷物に入らず断念したものです。額の部分はプラスチック製なので、いわゆる本物のアンティークではないですが、多分60~70年代のものだと思われます。

 これがフランスの様式だと、もっとフェミニンな要素を感じるけれど、そこはイタリアのものなので、何となくコッテリしてますね。ちょっと重めで、日本家屋の中では浮いちゃうでしょうか。でもこんな鏡をたくさん集めて壁を埋めたら、それはそれで壮大な感じになりそう。

 とにかくヨーロッパ好きのロマンチックマダム(即席造語)とか、40過ぎても心も格好もロリータ女子の皆さんなんかは好きかもなぁ。って、そんなものばかり無意識に買い付けてしまう僕って…。

もちろん、そういった人たちと仲良しです~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-06-26 23:27 | 生活用品 | Comments(2)
Commented by Lisa at 2012-06-27 14:40 x
鏡だらけの部屋って、池田理代子先生「おにいさまへ・・・」のサン・ジュスト様みたい~!こちらの鏡も登場しそうな雰囲気!!こないだのよもやま話も面白かったので続編希望です~!
Commented by tomoakishimizu at 2012-06-27 19:48
Lisaさん、池田理代子はベルばらしか知らなくて、「おにいさまへ・・・」は読んだことないけど、鏡だらけの部屋が出てくるんですね。実は僕の住んでいるアパートの裏に、そんな部屋のあるアパートがあって、でも色々と大事件が起きた場所なので記事には書きませんでした。今度会った時に話します~。
<< マイケル・ジャクソンの鏡 ゼラニウムのピュータートレイ >>