黄色の花ランプ 其の三

e0074478_22341581.jpg
 骨を置いてクルクル回してペンでなぞるという案は失敗に終わりましたが、何てことはない、そのまま骨を紙で包み込み、余分な紙を切り取ればいいことに気付きました。

e0074478_22342880.jpg
                 こんな感じで型紙ができました。

e0074478_22352351.jpg
 その型紙を元に、樹脂の薄い板を切り抜きます。この樹脂の板は、たとえ電球が当たってもちょっと焦げるくらいで燃えません。

e0074478_2235391.jpg
              片面が粘着になっていて、その面に布を貼ります。

e0074478_22355059.jpg
              そしてその周りをカットしてこんな感じにします。

e0074478_2236135.jpg
                   接着剤で貼り付けていきます。

e0074478_223615100.jpg
 ハイでき上がり~。カサの花とランプの花は種類が違いますが、色合いがピッタリで悪くないかも。まずまずの仕上がりです~。

いくらにしようかな…。

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-11-07 22:39 | 生活用品 | Comments(2)
Commented by NAO at 2011-11-09 04:10 x
あまりに美しい仕上がりに感動しました~~~!
染め粉で染めるという作業も拝見できて、とても勉強になりました。
手作業で修復するって、できるのですね。素晴らしいです~♪
Commented by tomoakishimizu at 2011-11-09 17:49
NAOさん、どうも有り難うございます~。でも昔はみんな工夫して、色々と手作業をしていたと思うんです。今は便利になってしまったので、手を動かさなくなりました。手を動かさないと脳味噌が退化しそうなので、こういう作業をしなくちゃいけないという今の状況は、僕にとっては良いのかも、なんて思ってます~。
<< 鉄アイロン 黄色の花ランプ 其の二 >>