牛のベル

e0074478_0352473.jpg
 昨日ショッキングな事件が起きたので、さわり程度をここで書いておきたいと思います。当事者でもなく、あくまでも僕の立場は第三者なんですが、ちょっぴり巻き込まれたという感じでしょうか。

 夕方6時頃ドアを叩く音がし、女性が「私にはどうにもできないので助けて!」と言っているのが聞こえました。その時の僕の格好が酷くて、下着とTシャツのみ。もちろん窓は開けっ放し。最近ガキ大将生活健康法を実践してるんです(笑)。それはさておき、パンツを引っ張り出して穿いてドアを開けたら誰もいません。

 誰だったんだろうと思ってアパートの上の階へ。そうしたらドアが開いている部屋があって、いつも香水プンプンのマダムが友人らしき女性と話をしています。僕はさっきドアを叩いた女性はきっと水漏れか何かが起きてパニックになっていたに違いないと思い込んでいて、「誰か水漏れ事故でドアを叩いた人がいたんですけど」なんて言ったら、ウチじゃないわよと返事をされ、ドアを閉められてしまいました。感じ悪い。

 それで下に降りて、もしかしたらと思って僕のアパートの真向かいの家族の部屋の呼び鈴を押したら、マダムが慌てた様子で出てきて、夫が倒れたので助けて欲しいと言われました。「え~、そんなこと言われても…」と思いながら奥へ行くと、いつもニッコリしながら挨拶をしてくれるムッシュが倒れていました。しかも口から血を流して。

 マダムは消防署に電話をして救急車を呼んでいる最中でした。コンピュータをいじっている間に突然イスから崩れ落ちたのだそうです。喉に血が詰まっているので、僕は上半身を起こしたほうが良いと思ったのですが、消防署の人が仰向けにして心臓マッサージをしろとマダムに指示しています。

 マダムは心臓マッサージを試み、僕も「アン、ドゥ・トロワ」と声を出しましたが、ムッシュの息は止まっています。白目をむいて、顔は真っ青。どうにもできないと思って、僕は上の階へ行き、別の住人の男性を呼んできました。彼が部屋で仕事をしていることを知っていたので。

 マダムから引き継いで、彼が心臓マッサージをしている間に消防隊員が到着したのですが、その後どうなったのかわかりません。マダムは、僕に感謝をしながら、後で報告すると言ってくれたので、こちらから尋ねるのは微妙です。

 部屋に戻って脂汗を拭きながら考えました。何もできなかった自分が情けないって。あたふたしちゃって何やってたんだろう。やっぱり、介護を中心にした医学的なことを基本から勉強しないといけないなって思いました。

 ムッシュの倒れている光景もショックでしたが、自分にもショックでした。もっと詳細に書きたかったけれど、話が話なのでこの辺で。

 前置きが長くなりましたが、今日はこの人をご紹介。見ての通り、牛の頭がくっついているベルです。ベルを鳴らすと目が動くんです。凄いです。こんなもの見たことない!

 ということで、これは僕のコレクションに加えるため、日本には持って行きません。ごめんなさい~。

持って行っても誰も買わないか~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-26 23:59 | 生活用品 | Comments(10)
Commented by 内山 奈美 at 2011-10-27 06:25 x
友くん、はじめまして! ランキングサイトより参りました、南イタリアのプーリア在住の内山と申します。御記事最後の太字部分、いちいちおかしくて楽しく拝読させていただきました!
このベル、フランス産なんですよね? なんとなくアジア(マレーシア辺り)の雰囲気もします。私、好みです♪
ムッシュ、回復されていると良いですね。
Commented by daikatoti at 2011-10-27 07:07
それはまた、ショッキングな出来事でしたね。
いや、何も出来なかったなんてそんなことはない、よくやったですよ。心臓マッサージなんて、普通に出来ちゃうんですね。
いや〜、わたしならその状況に遭遇しただけでパニックですわ。
Commented by やす at 2011-10-27 09:50 x
人工呼吸とか心臓マッサージとかの講習を受けたことがありますが、なかなか素人には難しいです・・・。いざ、そういう場面に出くわすと、気が動転しちゃいますよね。
Commented by NAO at 2011-10-27 14:53 x
友さん、大変でしたね。
でもわざわざ着替えて部屋を出て、さらに上の階に行って違ったのに
さらにもしやと思い、お向かえの部屋まで訪ねているのですから
とても親切な対応をされていると思います。
さらに上の階の男性も呼んでらっしゃるのですから。
マダムが消防隊員が到着するまでひとりだったとしたら、
どんなにか不安だったと思います。
ムッシュ、よくなるとよいですね。お疲れさまでした。
Commented by tomoakishimizu at 2011-10-27 22:26
内山 奈美さん、初めまして。そして初コメントどうも有り難うございます。イタリアにお住まいなんですね。いいですねぇ。イタリア料理は、ひとまず毎日でも飽きないかも。
このベル、フランス製かどうかはわかりませんが、少なくともヨーロッパのものだとは思います。でも仰ることわかります。僕的にはインドとか、今話題のブータンとか、ネパールとか、そんな感じもします。あとはメソポタミアとか。「結局アジア全域じゃない!」って言われそうですが。
また遊びにいらしてください~。
Commented by tomoakishimizu at 2011-10-27 22:28
totiさん、違うんです~。僕はマッサージやってないんですぅ。ムッシュの血が手について動転してしまい気弱になったというか、あまりにも責任重大だと思って身体を触れなかったというか。もうハラハラしちゃって呼吸するのがやっとでした。情けない~。
Commented by tomoakishimizu at 2011-10-27 22:29
やすさん、やっぱり場数を踏まないとダメなんでしょうね。場数って、そんなに踏みたくは無いですが、ちゃんと心構えができているのといないとでは違いますよねぇ。自分なりに研究したいと思います~。
Commented by tomoakishimizu at 2011-10-27 22:32
NAOさん、有難うございます。そう仰って頂けると少しは気が楽です。実は昨日近くのスーパーでマダムを見かけました。明るくはないけれど、そんなに暗くもなかったので、多分ご主人は一命を取り留めたのだと思いました。アパートの階段に訃報の貼紙も無かったですし。でもこちらからは声を掛けられず。ムッシュを見かけたら涙ぐんじゃうかもしれません。
Commented by parkavenue55 at 2011-10-28 11:25
友くんさん 大変でしたね。。。。 わたしも
NAOさんと同じ気持ちです。 ガキ大将ウエアから(ぼぼぼ ぼくは。。。。って図が浮かびました。← わかるかな。。。?) 着替えて、
あちこちノック。 なんてやさしい方なんでしょう。
マダムは友くんがいてくださって どんなにか心強かったでしょう。
一人じゃなくてよかった。
ムッシュ お元気になってもらいたいです。 またやさしくにっこり
挨拶してくれる日がもどりますように。
Commented by tomoakishimizu at 2011-10-28 21:53
parkavenue55さん、どうも有り難うございます。
ガキ大将ウェアって・・・(笑)。でも僕のイメージでは山下清ではなくて、どちらかというと「あばれはっちゃく」なんです(微妙?)。それにしても40過ぎてるのに、Tシャツと下着だけって酷いですよねぇ。
ムッシュ、多分大丈夫だったと実感するようになってきました。もし何かあったら、情報が回ってくると思いますし。とにかくしばらく静観してみます。
<< サーモンピンクのランプ 茶色の横長瓶 >>