茶色の横長瓶

e0074478_22211353.jpg
 瓶ってコレクターが沢山いそうだけど、意外とそんな簡単には売れないので、仕入れの時は躊躇します。でもこの瓶は、形が面白かったので迷わず買いました。

 この種の茶色の瓶は薬用の場合が多く、もしかしたらこの瓶もそうだったのかもしれませんが、多分オーデコロンか何かを入れていたのではないかと思います。制作年代ですが、他に売られていたアイテムから想像するに、1930~40年代といったところでしょうか。ブランデーを入れても良いかも、なんて。
 
これも好きにお使い下さい~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-25 22:21 | 生活用品 | Comments(4)
Commented by parkavenue55 at 2011-10-26 08:24
友くんさん おはようございます!
”パリ蚤の市散歩” とってもかわいい~~~~♪ たくさん写真が
添えられていて ワクワクがつまっていますね! わたしにとっても
大事な一冊になりました♪
リリエダニエルに十数年前に初めていったとき、一件目くらいにたどりついたお店でした。一人でふらっと。
ご本をよんで、広いところだったのねといまさらながら。汗
よくあそこに着けたなって嬉しくなりました。
まだネットがない情報がない時代だったのに。笑
コップにbeadsをいれて買うじゃないですか わたしは控えめちゃんだったようで おばちゃんにもっといれなさい!って わからない仏語でいわれたことを思い出しました。(今だったら こぼれんばかりに入れちゃうはず、笑) 
あぁぁパリにいきたくなっちゃった~~~♪
蚤の市だけでなく街のガイドbookも作ってほしいです♪♪
Commented at 2011-10-26 08:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomoakishimizu at 2011-10-26 23:53
parkavenue55さん、本お買い上げ、どうも有り難うございます~。
リリエダニエルは、大きさ的にまあまあといったところでしょうか。でもとにかく品揃えが凄い!ヴェルネゾンという、そんなに危なくない場所なので、観光でいらしている方にもおすすめです。でも場所を知らないと訳わからないでしょうね。
あのコップは、乗り切らないところまで入れて良いんですよ。僕なんてビーズの大小を計算しながら、ビッシリ入れたことありますよ~(笑)。
パリの街ガイドというか、パリのアンティークショップガイドだったら作りたいかも~。
Commented by tomoakishimizu at 2011-10-26 23:54
上のカギコメさん、有難うございます。あ~、やられた~。編集者さんと一緒に何度も校正したのに!!! 第2版が出たら訂正します(笑)。
<< 牛のベル セップの入れ物 >>