ミュグレー 2012春夏

e0074478_18164531.jpg
 ミュグレーのショーは前回同様、11区のヴォルテールにある体育館で行われました。 前回遅刻してショーを見損ねたので、今回はオンタイムで入場。そうしたら、やっぱりたったの15分でスタート。マーク・ジェイコブスのルイ・ヴィトン並みとはいわないけれど、かなりキッチリしてます。他のメゾンも同じようにすればいいのになぁ。

 またまたレディ・ガガが来るかも、なんて思いましたが、他のジャーナリストと話していて、さすがに2回連続はあり得ないという予測に落ち着きました。でもショー冒頭には、上の写真のようなフィルムが流れました。「私はミュグレーウーマン」とかなんとか喋ってて、他にもあまりきれいではない言葉が沢山。

e0074478_18165993.jpg
 で、コレクションですが、ボディコンシャスな作品が目立っていました。ヌードカラーが多くて、印象としては地味。春夏なのに微妙な感じです。

e0074478_18171952.jpg
 アシメトリーのアイテムが多くてどれも難易度が高く、一般人はモードの服を買わなくていいでしょ、みたいな冷たさが伝わってきます。って勝手に僕がそう感じただけなんですけどね(笑)。ちなみにこのモデルは岡本タオちゃん。

e0074478_18173177.jpg
 ここまで大がかりなコレクションを発表するわけだから、ファッション業界人以外の人も憧れるような服を作って欲しいなぁって単純に思ってしまいました~。

今からセリーヌへGOっ!

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-02 18:18 | パリコレ | Comments(0)
<< カルヴァン 2012春夏 フェリペ・オリヴェイラ・バティ... >>