謎な飾り棚

e0074478_23331557.jpg
 しばらくパリ郊外の古物市で買ったアイテムを紹介します。この飾り棚、それほど大きくないのですが、もうすでに部屋は掛ける壁が無い状態で買うかどうか躊躇してしまいました。縦34cm、横34cm、奥行き16cm。でも余りにも安いことを言うので、安さに負けて購入することに。

 持ってみたら結構重く、板は合板ではなく、それぞれパーツには一枚板が使われています。全然傷が付いていないので、それ程古いものではないのでしょう。と思って板に触ると、もの凄く硬くて傷が付きにくい素材でした。ま、それでも古くないでしょうね。

e0074478_23333374.jpg
 中はこんな風になっていて、何か特別なものを飾るためのものだったようです。何なんだろう。売っていた夫婦の奥さんの方は「卵でも置くんじゃない?」なんて言っていましたが、それは絶対にないと思います(笑)。

 奥に試験管を置いて、手前にはフラスコ? う~ん、ちょっと違うなぁ。とにかく壊れやすいものを入れるための特製飾り棚のようで、異常なほどに頑丈。どなたか、本来の用途を知っている方いませんか?

もちろん、僕はぬいぐるみを飾ります~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-08-31 23:34 | 調度品 | Comments(2)
Commented by retrojunkie at 2011-09-01 01:39
ぱっと思い浮かんだのは、パイプ(タバコの)じゃないかなと思うのですが、向こう側の穴が気になります。
Commented by tomoakishimizu at 2011-09-01 21:42
retrojunkieさん、確かにパイプを置くのにピッタリ。穴は、下の段に置いたパイプの柄を出すためなのかもしれません。やっぱりパイプ用ですね、これは~。有難うございます!
<< ブルドッグとヒヨコのカン アルミ製アイロン >>