8ミリ編集機

e0074478_26371.jpg
 パリ市内で行なわれていた古物市で購入した8ミリ編集機です。売っていたのはフランス人の一般人女性。値段を聞いたら、マダムはケイタイで息子に連絡。息子からは8ユーロという提示価格。5ユーロに値切ったら、6になったので決着です。

 日本製。日本の精密機械は本当に良く出来ていますね。古くても80年代以前ではないと思います。

 どうしてこんなものを買ったかというと、映画の中に出てくる編集作業のシーンに憧れがあったんです。カタカタ回しながらフィルムをカットして繋ぐ。何だか素敵っ、なんて。そして前に買って持っていた8ミリを見てみたかった、というのも理由の一つでした~。

次回はそのレアな8ミリをご紹介~

↓ポチッと応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-11-21 01:55 | 調度品 | Comments(4)
Commented by marcel at 2009-11-22 02:55 x
こんなものまで買っちゃうんだ(^^;)
かっこいいので、これにフィルムが載ってるところも見てみたいです。
見てみたいってことは映写機は持ってないのかな?
Commented by layuri77 at 2009-11-23 15:38
こんにちは!
6ユーロで8ミリ編集機が手に入るなんて!スゴイッ!
映画の中に出てくる編集作業のシーン 私も憧れます!
レアな8ミリの紹介 楽しみにしていますね♪(^o^)
Commented by tomoakishimizu at 2009-11-24 00:16
marcelさん、え~とこの編集機は安かったから買っただけで、この種のものを集めてるわけではないんです~。だから映写機も持ってません。本当は撮影して見られるような環境を作っても良いのでしょうが、デジカメで十分かなって思うと、中々その気になりませんね。
Commented by tomoakishimizu at 2009-11-24 00:18
layuri77さん、6ユーロっていう値段に負けました(笑)。一般人が不用品を売りに出すと安いです。
でもこの編集機、やっぱり場所とるなぁ。今後の使い道がわからない!
<< エマニュエル夫人の8ミリ 水を飲むシマウマ >>